荷主企業の“物流マネジメント”とはどのようなことが考えられるでしょうか。

「値上げ対策」 「コスト適正化」 「物流サービスの向上」 「リスク回避」 「委託先評価」などが想定されますが、具体的にどのようにマネジメントを進めたらよいのでしょうか。

荷主企業の物流を強化し持続可能な体制にするために必要な物流マネジメント、管理手法についてお伝えします。

2021年下期に物流部がやるべき事


荷主企業にとって最も気になる動向はやはり、「物流コストの値上げ」問題です。

2021年下期における値上げの可能性、値上げ対策の秘訣について、物流業界における情報発信者である赤峰 誠司がお伝えします。

荷主企業に求められる物流マネジメント


安定的に商品供給を継続するため、コストアップ、物流に関するトラブルを防ぐためなど物流管理をしっかり行う必要があります。

戦略から、輸配送、在庫まで、荷主企業が管理すべき物流項目のチェックリストをお見せしながら分かりやすく説明いたします。

アフターコロナではドライバー不足が再発し、物を運ぶことが厳しくなることが予測されます。

その中で、“選ばれる荷主”になるために必要な物流マネジメント、物流企業との取引形態について解説します

物流コンプライアンスと2024年以降のドライバー総残業規制法令

物流業界で“2024年問題”が話題になっています。

“2024年問題”における物流業界への影響はどのようなことがあるのでしょうか。

物流に関するコンプライアンスを理解し、2024年ドライバー残業規制問題の対策として、荷主企業・物流企業各々が取り組むべきことを事例を交えながら解説いたします。

価格

(税込価格)

¥38,500

今取り組むべき「物流マネジメント」 ~荷主企業に必要なマネジメント手法~