このようなことでお悩みの方へ


  • 社員の流出が激しくどこから手をつけたら良いか分からない
  • 定着率を上げるには給与や休みといった待遇改善だけだと考えている
  • 定着率が上がらないのは仕方がないとあきらめている

これからの運送会社は人材が流出しないように

定着率アップに本気で取り組まなければ生き残れなくなっていきます

物流業界では依然として、他業界と比較しても離職率が高く、慢性的に人材不足の状態が続いています。


ドライバーが集まらず、社員の流出を抑えられず、経営を維持できず
倒産してしまう物流・運送会社が増えているようです。



これからの運送会社は人材が流出しないように
定着率アップに本気で取り組まなければ生き残れなくなっていきます。


社員を定着させるには、どうすればよいのでしょうか?

離職率が高い会社と、人がほとんど辞めない会社の違いは何か?


その答えとなる、ドライバーの定着率が高い会社が行っている施策について、事例をご紹介します。

中小運送会社が取り組める定着率アップの取り組みについて、

押さえなければならないポイントをご紹介します。

お伝えする内容


1.企業特性に合う人材採用
2.充実の初期教育手法
3.運送会社のコミュニケーション方法
4.社員の会社への帰属意識の高め方
5.離職の本当の理由を把握ツール

内容


  社員が定着しない物流会社の特徴とは!?定着率アップ事例大公開
利用可能です
日 登録後

お支払い方法


・価格は、税込み価格です。


<支払い方法>

・クレジットカード決済

 (Mastercard/Visa/ディスカバー/American Express)

・銀行振込み

 ・「請求書払い(銀行振込み)」のボタンを押下し、お申込フォームへ必要事項を入力ください。

 ・「コース名」は下記をお選びください。

  「502008:社員が定着しない物流会社の特徴とは!?定着率アップ事例大公開」

価格


¥22,000

社員が定着しない物流会社の特徴とは!?定着率アップ事例大公開

<「請求書払い(銀行振込み)」をご希望される方>

コース名は、下記をお選びください。

・501008:社員が定着しない物流会社の特徴とは!?定着率アップ事例大公開