この講座で学べる内容


物流戦略再構築にあたり、

物流管理部門が持つべき視点について解説します。


  • 物流費を管理するための配送ネットワークのあり方
  • 物流費を管理するために取り込むべき業務/資産
  • 物流戦略で考慮すべきリスク管理 など


DX、AIの発展が物流戦略にもたらす影響と

昨今の物流時流を踏まえ、

お客様が取るべき物流戦略をお伝えします。


現在、コロナ禍により配送費は落ち着きを見せておりますが、

2021年4月より徐々に従来の上昇傾向を取り戻すであろうと当社では予測しております。


ある程度の物流費上昇は受け入れざるを得ない状況ではありますが、

一番の問題は物流費が相場次第という主体性のなさであり、

自社で物流費を管理下に置くことの重要性が見過ごされていることにあります。


過去には社内の人を含む物流関連資源をアウトソースすることでファイナンス面からの改善を図った経緯があり、

物流管理機能も大幅にアウトソースされました。


物流部門への人の配置はこれらの経緯から敬遠されがちですが、

昨今のDX・AIの進展により少人数での運用が可能になると、

物流先進企業においては物流管理機能を社内に再取り込みし、物流費を管理下に置く動きが活発化しています。


これらのDX、AIの発展が物流戦略にもたらす影響と昨今の物流時流を踏まえ、お客様が取るべき物流戦略をお伝えします。


お支払い方法

・価格は、税込み価格です。


<支払い方法>

・クレジットカード決済

 (Mastercard/Visa/ディスカバー/American Express)

・銀行振込み

 ・「請求書払い(銀行振込み)」のボタンを押下し、お申込フォームへ必要事項を入力ください。

 ・「コース名」は下記をお選びください。

  「501009:物流戦略再構築」

価格

¥33,000

物流戦略再構築

<「請求書払い(銀行振込み)」をご希望される方>

コース名は、下記をお選びください。

・501009:物流戦略再構築