物流コスト削減の方法は、安い単価を引き出すことだけではありません。

保管方法、作業内容、品質管理の観点において「ムリ・ムラ・ムダ」を排除・見直しするだけでも、物流コストの削減につながります。

収益向上・物流コスト削減につながるヒントを見つける手法をお伝えします。

「5S」と「カイゼン」

自社の物流現場では「5S」「改善活動」を行っていますか?

そのような活動をしても物流コストは下がらない、収益向上につながらないという考えは間違いです。

荷主企業が物流現場を評価する視点として「この物流現場に任せて安心であるか?」という点です。

では、任せて安心な現場とはどのような現場でしょうか。

本講座の受講者限定「5Sチェックリスト」を参考にしながら、物流現場の高度化を実現するノウハウをお伝えします。

(※資料は、特典として参加者全員へ差し上げます。)

現場管理とKPI活用術

業務効率・品質向上を達成するために、物流サービスを数値化する必要があります。

物流は目に見えないため、数値化して可視化することで、問題を顕在化させることができます。

例えば、誤入荷・誤出荷の発生件数や頻度を把握することで、傾向が見え、どのような対策が必要なのか検討につなぐことができます。

本講座では、管理すべき「品質」と「コスト」の項目、目標の設定方法、物流管理に求められるKPIについてお伝えします。